保険用語集

満期

マンキ

満期とは、保険期間の満了時のこと。
たとえば60歳満期であれば60歳の契約応当日の前日で保障が切れます。契約応当日が5月1日であれば、60歳の4月30日が満期日です。

満期返戻金

マンキヘンレイキン

満期返戻金とは、積立保険(貯蓄型保険)の保険期間が満了し、保険料全額の払込みが完了している場合に保険会社がお支払いするお金のこと。その金額は契約時にあらかじめ定められています。

無選択型保険

ムセンタクガタホケン

無選択型保険とは、保険加入時の職業や健康状態などの告知・診査なしで誰でも加入できる保険のこと。
終身保険と医療保険の2種類があります。

しかし、無選択とはいえ、20歳~85歳・40歳~80歳など加入できる年齢は保険会社によって異なります。
契約から2年以内の病気死亡については、払い込んだ保険料相当額が返ってくるだけなので保障としての効果はありません(災害死亡保険金は2年以内であっても支払われる)。

終身保険の場合、加入できる保障額は一般的に各社300万円まで。保険料も割高なので長生きをした場合、保障額よりも払込保険料の累計の方が多くなることがあります。

免責

メンセキ

免責とは、保険金を支払わない保険契約上の事由のこと。

保険会社は保険事故が発生した場合には、保険契約に基づいて保険金支払いの義務を負いますが、特定の事柄が生じたとき、(例えば、戦争その他の変乱によって生じた事故、保険契約者等が自ら招いた事故、地震、噴火、津波等による事故などによる損害)は例外としてその義務を免れることが保険約款上規定されている場合があります。

免責期間

メンセキキカン

免責期間とは、保険会社が保険金や給付金の支払いを免除される期間をいいます。
免責4日の入院保障特約では、入院開始日から4日間は支払いの対象にならない免責期間となり、10日間の入院でも6日分の給付金が支払われることになります。

免責金額

メンセキキンガク

免責金額とは、一定金額以下の損害について、保険契約者または被保険者が自己負担するものとして設定する金額のこと。免責金額を超える損害については、免責金額を控除した金額をお支払いする方式と、損害額の全額をお支払いする方式があります。

免責事由

メンセキジユウ

保険事故に対して保険会社は保険金や給付金などを支払う責任があります。

免責事由とは、その例外として責任を免れる特定の事由を免責事由といいます。
免責事由のひとつとしては、責任開始日や復活日から一定期間内の自殺があります。この一定期間を、3年以内から1年以内へと短縮する傾向がありましたが、近年の自殺者の増加で、新規契約分から2年や3年以内に再度変更されています。

 
Copyright©babe-inc. All Rights Reserved.